色素沈着がおこる理由

脱毛をした際に、色素沈着を起こしたことはありませんか。
色素沈着を起こす原因は、脱毛の刺激で肌が黒ずんでしまう場合があります。特にカミソリを使った場合、肌に刺激を与え、炎症を引き起こしてしまい、黒ずみを起こすことがあります。一度黒ずんでしまった肌は、なかなか治らないので注意が必要です。


色素沈着を起こす理由は、皮膚にメラニン色素が大量に増え、肌の新陳代謝が追いつかなくなっている状態にあります。メラニン色素は、紫外線を大量にあびたり、皮膚が傷つくことで増えてしまうので、脱毛などで皮膚が傷ついた状態が原因となっている場合がほとんどです。カミソリやシェーバーを頻繁に使用すると、目に見えない小さな傷が皮膚についてしまい、メラニンが増加することになります。また毛抜きやワックス脱毛も、毛穴に強い刺激を与えるものなので、あまりおすすめできません。
ただサロンの脱毛は、色素沈着を起こさないと言うことではありません。フラッシュやレーザーなど、直接肌を傷めるわけではありませんが、毛穴周囲の組織が損傷を負うため、施術後のケアを怠ると色素沈着を起こす可能性があります。
施術後は、紫外線にとても敏感になっているので、日焼け止めを塗るなどのケアの他、ビタミンEやCなどを摂取して、はだのターンオーバーを高めるようにしましょう。