なぜ肌が綺麗になるのか

脱毛は、専用の光を黒いメラニン色素がたくさん含まれている毛根に作用させることでダメージを与えていく方法です。
色素が少しずつ分解されると、次第に毛が生える組織のパワーが弱まってくるのです。
その特殊な光は、美容皮膚科でのシミ治療などに使われている機器と同様の効果があるため、施術時には毛根だけでなく、ほかのメラニン色素にも反応しやすいです。


たとえば外で浴びた紫外線の量にもよりますが、肌内部には将来シミやそばかすに変化する色素が多く存在しています。
こういった色素にも作用しますので、ダメージを受けたメラニン色素が薄くなり透明感が出てくるのです。
また、肌のハリを維持するために必要なコラーゲンを生成する力を助けることもできます。
照射された光によって、細胞が活性化するのを促進させる効果が期待できるからです。
それにより脱毛を受ける前よりもコラーゲンの量が増えてくれば、うるおいがアップするほかツヤも出てくるようになります。
コラーゲンは美容成分として有名であり、足りなくなれば乾燥やたるみなどが起こりやすいですが、脱毛を受けることで、こういったことを予防、あるいは改善させることが可能です。
透明感と保湿力、弾力などがある綺麗な肌に仕上がるのです。