脱毛後にも毛が残る理由

脱毛を受けた後でも毛が残ってしまう理由には、いくつか考えられることがあるでしょう。
1つは、打ちもれがあった場合ということが挙げられます。通常は、隙間なく照射面を当てて脱毛を行っていきますが、例えば、まだ経験の浅い施術者が行った場合などに、きちんと照射面が当てられず、もれてしまったものがあることが考えられます。経験の浅いスタッフの方の中には、ムダ毛処理を行った状態のお肌に対して、毛が生えていない箇所と見誤る方もいらっしゃり、実はそこの箇所もムダ毛が生えていることに気付かずに、飛ばしてお手入れをされる方も中にはいらっしゃるでしょう。
ですので、照射もれがないように、きちんとそこもムダ毛が生えている旨を伝えることが大切です。


そして、もう1つ考えられることは、毛根が定まっていないムダ毛が生えてきてしまったということです。このムダ毛は、きちんと照射しても効果があまり見られず、この毛根の定まっていないムダ毛さえも脱毛してしまいたい場合は、根気強く繰り返しお手入れを行うことが大切になってくるでしょう。
お手入れを終えたサロン後に、毛が再び生えてくることは、きちんとお手入れをしたはずなのにと、不安になるかもしれませんが、前者の場合は、きちんとサロンスタッフの方とコミュニケーションをとることで解消されますし、また後者も、満足のいくまでお手入れを繰り返すことで、解決されることではないでしょうか。