脱毛で火傷が起こる理由

脱毛で、主流になって来ているレーダー脱毛による火傷に似た症状が近年問題になってきています。レーダー脱毛とは、メラニン色素の多い毛根にレーダーを当てるという作業です。レーダーは色素の強い所に反応する性質を持っていますので、それを利用して脱毛技術にしていると言う訳です。ですから脱毛の為のレーダー照射後に、痒みが出たり日焼けの様に赤くなって痛みが出る場合が多々有るようです。


しかし、とても脱毛技術としては効果の高い物でしっかりとした技術を持って使えば安全生が高い物です。脱毛による、火傷を起こした場合のケアですが日焼けと違い自己流で薬を塗ったり、冷やしたりすることは避けます。軽度(赤くなる程度)は、通常の範囲といわれていますが心配でしたらサロンに相談してください。それ以上の痛みや、腫れ上がるなどの状況が出た場合は速やかに医療機関に掛かり相談する事をお勧めします。サロンによっては、万が一火傷になってしまった場合に、提携している医療機関が有る場所も多いのです。まずは、サロンに電話して相談してみましょう。また、診察の際は医師に脱毛で出た症状であることを伝える事も伝えます。状況を伝える事で、医師から適切な治療を受ける事ができるはずです。