未分類

脱毛した後の毛穴の奥は熱によって毛根が破壊されるだけではなく、軽いやけどのような状態になっているため場合によっては肌や体調に異常が起こることもあります。
脱毛後に身体に異常を感じた場合には施術を受けたサロンや医療機関に問い合わせる必要があります。
肌がヒリヒリする、赤みがでているという場合の対処法は冷やしたタオルなどでクーリングを行い、それでもおさまらない場合や水ぶくれになったなど悪化した場合は病院で治療を受けます。
皮膚を刺激すると赤みが増すこともあるので、できるだけこすったりしないように注意します。


医療機関で脱毛を受けた場合にはそのクリニックの医師に相談すると、よい対処法や症状にあった薬を処方してもらえることもあります。
自分で判断して塗り薬などを使用するとかえって症状が悪化する危険があるので絶対に使用しないようにします。
体調が悪いときなどに脱毛の施術を受けると発熱することがあったり、痛みがストレスとなって気分が悪くなることもあります。
一度ではなく複数回具合が悪くなる場合にはアレルギー反応の可能性もあるため、無理をして施術を受け続けるのではなくサロンのスタッフなどに契約解除ができるかどうかを相談することも必要になります。

脱毛を受けた後でも毛が残ってしまう理由には、いくつか考えられることがあるでしょう。
1つは、打ちもれがあった場合ということが挙げられます。通常は、隙間なく照射面を当てて脱毛を行っていきますが、例えば、まだ経験の浅い施術者が行った場合などに、きちんと照射面が当てられず、もれてしまったものがあることが考えられます。経験の浅いスタッフの方の中には、ムダ毛処理を行った状態のお肌に対して、毛が生えていない箇所と見誤る方もいらっしゃり、実はそこの箇所もムダ毛が生えていることに気付かずに、飛ばしてお手入れをされる方も中にはいらっしゃるでしょう。
ですので、照射もれがないように、きちんとそこもムダ毛が生えている旨を伝えることが大切です。


そして、もう1つ考えられることは、毛根が定まっていないムダ毛が生えてきてしまったということです。このムダ毛は、きちんと照射しても効果があまり見られず、この毛根の定まっていないムダ毛さえも脱毛してしまいたい場合は、根気強く繰り返しお手入れを行うことが大切になってくるでしょう。
お手入れを終えたサロン後に、毛が再び生えてくることは、きちんとお手入れをしたはずなのにと、不安になるかもしれませんが、前者の場合は、きちんとサロンスタッフの方とコミュニケーションをとることで解消されますし、また後者も、満足のいくまでお手入れを繰り返すことで、解決されることではないでしょうか。

脱毛サロンや美容クリニックなどで行われている、光脱毛やレーザー脱毛ですが、これは比較的毛の濃い方に、高い効果を表すものとなっているでしょう。
と言うのも、これらの脱毛方法は、メラニン(黒いもの)に反応するようにできているのです。ですので、もともと毛の薄い方で、毛が薄く生えている箇所が多い方ほど、効果が表れにくいという特徴を持っているでしょう。
また薄い毛は、濃い毛よりも比較的遅く生えてくるという特徴も持っているでしょう。そのため、サロンなどで決められている、毛周期に合わせた2,3ヵ月間隔を空けて行うお手入れに、合わない場合も考えられるでしょう。サロンで決まっている2,3ヵ月の間隔は、主に丈夫にしっかりと生えている毛に合わせているものですので、薄く生えている毛については、どうしても後回しになってしまうかもしれないでしょう。


ですので、毛の薄い部位については、根気強く繰り返しサロンなどに通うことが大切になってくるかもしれません。
また、薄い毛中心にお手入れを行うことになった場合、より脱毛効果を上げるために、照射エネルギーを強くしなければならなくなる場合もあるでしょう。ですので、お肌トラブルが起こらないように、しっかりとサロンスタッフの方と一緒になって、照射エネルギーを調節していくことも大切です。
薄い毛は、毛根が定まっていないものもありますので、もしかすると、脱毛後に再び生えてくる場合もあるかもしれませんが、それも根気強くサロンに通うことで、防ぐことができるかもしれません。

カミソリやワックス等を使用した自己処理とは違い、エステやクリニックで行っているプロの施術では、ムダ毛の再生組織にダメージを与えていくことができます。再生組織がダメージを受けると再生能力が衰えてくるため、次第にムダ毛が細く目立たなくなっていきます。自己処理をいくら繰り返しても同じように生えてきてしまうので、プロの施術を受けることでこうしたわずらわしい自己処理をする必要がなくなります。自己処理をする必要がなくなれば、お肌が荒れることも少なくなるので、本来の肌の美しさを次第に取り戻していくことができるでしょう。


エステやクリニックで効果的な施術をしていくためには、毛周期と呼ばれる毛の生え変わるサイクルを考慮しながら施術を行う必要があります。成長期、退行期、休止期の3つで構成されていて、この内の「成長期」の間のみ、再生組織にダメージを与えることができます。そのため、一度照射した後は約2ヶ月ほど間隔を置いて、再び成長期になるのを待つ必要があります。期間を狭めて施術を繰り返しても効果は無いに等しいので必ず十分な間隔を開けて施術していくことが重要です。このルールを守って施術していくことで、より少ない回数で効率的にツルスベ肌にしていくことができます。

脱毛で、主流になって来ているレーダー脱毛による火傷に似た症状が近年問題になってきています。レーダー脱毛とは、メラニン色素の多い毛根にレーダーを当てるという作業です。レーダーは色素の強い所に反応する性質を持っていますので、それを利用して脱毛技術にしていると言う訳です。ですから脱毛の為のレーダー照射後に、痒みが出たり日焼けの様に赤くなって痛みが出る場合が多々有るようです。


しかし、とても脱毛技術としては効果の高い物でしっかりとした技術を持って使えば安全生が高い物です。脱毛による、火傷を起こした場合のケアですが日焼けと違い自己流で薬を塗ったり、冷やしたりすることは避けます。軽度(赤くなる程度)は、通常の範囲といわれていますが心配でしたらサロンに相談してください。それ以上の痛みや、腫れ上がるなどの状況が出た場合は速やかに医療機関に掛かり相談する事をお勧めします。サロンによっては、万が一火傷になってしまった場合に、提携している医療機関が有る場所も多いのです。まずは、サロンに電話して相談してみましょう。また、診察の際は医師に脱毛で出た症状であることを伝える事も伝えます。状況を伝える事で、医師から適切な治療を受ける事ができるはずです。

エステサロンで脱毛を受けるとシミができるという話を聞いたことのある人もいるかもしれません。なぜそんなことが起きてしまうのかということですが、これは脱毛の影響ではなく隠れていたものが表面上に出てきただけなのです。もともとシミになる可能性は誰でも持っているということです。若い頃は代謝によってすぐに消えていくのですが、年を重ねるとなかなか消えなくなってしまいます。フォトフェイシャルとフラッシュ脱毛の原理はほぼ同じあり、光を当てることでターンオーバーを促進させることができます。ターンオーバーが活性化することにより、さまざまな肌トラブルを改善するという仕組みです。脱毛の光でシミができてしまう理由としては、光を肌に当てることで細胞がどんどん活性化してしまうためであり、新しい細胞が作られてシミの元がシミとして表面に現れてしまうからなのです。


しかし、ターンオーバーが正常ならば1ヶ月程度で気にならなくなります。もちろん紫外線や肌のダメージ、新陳代謝なども肌トラブルの原因となるため、日頃から気をつけて生活していくと良いでしょう。フォトフェイシャルとフラッシュ脱毛の原理は同じであるため、脱毛を受けることで肌を綺麗にする効果も期待できるのです。

脱毛は、専用の光を黒いメラニン色素がたくさん含まれている毛根に作用させることでダメージを与えていく方法です。
色素が少しずつ分解されると、次第に毛が生える組織のパワーが弱まってくるのです。
その特殊な光は、美容皮膚科でのシミ治療などに使われている機器と同様の効果があるため、施術時には毛根だけでなく、ほかのメラニン色素にも反応しやすいです。


たとえば外で浴びた紫外線の量にもよりますが、肌内部には将来シミやそばかすに変化する色素が多く存在しています。
こういった色素にも作用しますので、ダメージを受けたメラニン色素が薄くなり透明感が出てくるのです。
また、肌のハリを維持するために必要なコラーゲンを生成する力を助けることもできます。
照射された光によって、細胞が活性化するのを促進させる効果が期待できるからです。
それにより脱毛を受ける前よりもコラーゲンの量が増えてくれば、うるおいがアップするほかツヤも出てくるようになります。
コラーゲンは美容成分として有名であり、足りなくなれば乾燥やたるみなどが起こりやすいですが、脱毛を受けることで、こういったことを予防、あるいは改善させることが可能です。
透明感と保湿力、弾力などがある綺麗な肌に仕上がるのです。

脱毛をした際に、色素沈着を起こしたことはありませんか。
色素沈着を起こす原因は、脱毛の刺激で肌が黒ずんでしまう場合があります。特にカミソリを使った場合、肌に刺激を与え、炎症を引き起こしてしまい、黒ずみを起こすことがあります。一度黒ずんでしまった肌は、なかなか治らないので注意が必要です。


色素沈着を起こす理由は、皮膚にメラニン色素が大量に増え、肌の新陳代謝が追いつかなくなっている状態にあります。メラニン色素は、紫外線を大量にあびたり、皮膚が傷つくことで増えてしまうので、脱毛などで皮膚が傷ついた状態が原因となっている場合がほとんどです。カミソリやシェーバーを頻繁に使用すると、目に見えない小さな傷が皮膚についてしまい、メラニンが増加することになります。また毛抜きやワックス脱毛も、毛穴に強い刺激を与えるものなので、あまりおすすめできません。
ただサロンの脱毛は、色素沈着を起こさないと言うことではありません。フラッシュやレーザーなど、直接肌を傷めるわけではありませんが、毛穴周囲の組織が損傷を負うため、施術後のケアを怠ると色素沈着を起こす可能性があります。
施術後は、紫外線にとても敏感になっているので、日焼け止めを塗るなどのケアの他、ビタミンEやCなどを摂取して、はだのターンオーバーを高めるようにしましょう。

身だしなみとしても必要不可欠なお手入れだといわれているムダ毛の処理、女性は体毛が目立っていると、だらしがない人だと見られてしまうので、定期的にきちんとケアをすることは重要ですが、脱毛ケアは、私たちが考えている以上にお肌には強い影響を与えてしまうもので、見られても恥ずかしくない美肌に仕上げるためには、様々な注意点を守らなければなりません。その為、脱毛はプロの手に委ねてしまうのが得策で、皮膚を傷付けることなく綺麗に仕上げてもらえます。


今人気となっているエステサロンでの光脱毛は、美肌効果が非常に期待できる施術で、お手入れを重ねていくとムダ毛が徐々に目立ちにくくなると同時に、素肌の状態がとても美しく整っていくといわれています。間違った自己処理を繰り返してしまったことによる黒ずみや、くすみなどの色素沈着も次第に薄くなり、かさつきやザラツキがなくなり、ハリがアップし、広がってしまっていた毛穴も小さく目立ちにくくなっていきます。これこそが女性の求める脱毛ケアで、どんな近距離から見つめられても自信をもって振る舞える美肌が手に入ります。自己処理でここまでの仕上がりを出すことは到底不可能なので、早い段階でエステ脱毛に切り変えてみてはいかがでしょうか。